Mobile Navi

札幌ことぶき法律事務所

電話011-596-9551

電話011-596-9551

メールでのお問い合わせ

事務所概要

札幌ことぶき法律事務所基本情報

代表者 代表弁護士 井川 寿幸
所在地 〒060-0001 札幌市中央区北1条西8丁目 ホサカビル3F
電話番号 TEL 011-596-9551/FAX 011-596-9552
重点取扱分野

高齢者の財産管理、成年後見、介護/障害者の財産管理、成年後見、介護/遺言・相続/事業承継/離婚・親権・養育費・親子関係/企業法務全般/契約・商取引/債権回収/交通事故・労災・その他事故/クレーマー対応・民事介入暴力

取扱分野

多重債務問題(クレジット、消費者金融等)・金銭貸借/年金・保険金/B型肝炎訴訟/不動産取引・借地借家・マンション問題/欠陥住宅/ドメスティックバイオレンス(DV)/子どもの権利/刑事事件・少年事件・犯罪被害者支援/個人情報保護/労働問題(使用者側)・労働問題(従業者側)/法人倒産(破産・民事再生などを含む)

法律相談

原則として30分5,500円(税込)

 

アクセスマップ

北海道札幌市中央区北一条西8丁目2-7 
ホサカビル3階(北一条通りの南側沿いのビルです)

 

●大通駅構内より北一条地下通路【8番出口】より徒歩4分

●市電沿線の方はこちらから札幌市電 西8丁目駅 より徒歩5分

●地下鉄東西線 西11丁目駅【3番出口】より徒歩6分

●JR 札幌駅【南口】より徒歩15分


 

 

弁護士紹介

代表弁護士 井川 寿幸 [登録番号36052]
所属団体・
役職
【主な役職】

北海道弁護士会連合会 理事(令和3年度)

日本弁護士連合会 代議員(令和2年度、令和3年度)

札幌弁護士会 副会長(令和2年度)

公益財団法人日弁連交通事故相談センター札幌支部 副支部長(令和2年度)

札幌弁護士会 常議員(令和元年度)

 

【主な所属委員会等】

北海道弁護士会連合会 高齢者・障がい者支援委員会 委員長(令和3年4月~)

札幌弁護士会 高齢者・障害者支援委員会 委員長(令和3年4月~)

札幌弁護士会 法律相談センター運営委員会 委員(令和3年4月~)

札幌弁護士会 弁護士推薦委員会 委員(平成31年4月~令和2年3月)

札幌弁護士会 両性の平等に関する委員会 副委員長(平成30年4月~令和2年3月)

札幌弁護士会 高齢者・障害者支援委員会 副委員長(平成28年4月~平成30年3月)

札幌弁護士会 高齢者・障害者支援委員会 委員(平成25年6月~令和2年3月、令和3年4月~)

第二東京弁護士会 民事介入暴力被害者救済センター運営委員会 委員(~平成25年3月)

 

【主な活動】

北海道高齢者虐待防止推進委員会 委員長
(北海道社会福祉協議会から委嘱。平成29年5月から委員。令和3年5月から委員長)

札幌弁護士会 中小企業法律支援センター支援弁護士

全国倒産処理ネットワーク 会員

札幌弁護士会 住宅紛争審査会 処理委員(平成30年4月~令和3年3月)

北海道精神医療審査会 委員(平成28年4月~令和2年4月)

北海道立女性相談援助センター 法律相談員(平成30年4月~令和2年3月)

札幌市 高齢者虐待等対応専門職チーム所属(平成26年4月~令和2年3月)

経歴

上智大学法学部法律学科卒業
平成17年11月 旧司法試験合格
平成18年 4月 司法修習生
平成19年 9月 弁護士登録(第二東京弁護士会)
平成25年 6月 札幌弁護士会に登録換え
平成29年 4月 札幌ことぶき法律事務所開設

 

司法試験合格後、札幌での1年間の実務修習などを経て、平成19年9月に東京で弁護士登録しました。

東京で弁護士を続けていくつもりでしたが、子供が生まれて、子育ての環境を考えるに及んで、1年間の札幌生活の素晴らしさを思い出し、妻の実家のある札幌への移住を決意しました。 その後、事務所の移籍を経て、平成25年6月に札幌弁護士会に登録替えをしました。 そして、弁護士10年目となる平成29年4月、新事務所を開設するに至りました。

まず、私の特徴として、温和で話しやすいと評されることが多いです。

取扱分野としては、近年、高齢者の「終活」支援や障害者の「親亡き後」へのサポートに力を入れています。具体的には、遺言作成支援、財産管理契約や任意後見契約の活用による残された財産の有効活用の支援を行っています。事業承継・M&Aについても様々なサポートができます。

また、遺産分割、相続放棄などの相続問題や相続財産管理人選任申立事件なども取り扱っています。裁判所から、成年後見人、保佐人、補助人、任意後見監督人や未成年後見人などに選任されています。判断力が低下してしまった後も、亡くなられた後も、あなたの意思が尊重されるよう、あなたのため、あなたのご家族のため、責任もってご依頼に応えます。

東京で弁護士をしていたころから携わっていた得意分野は、交通事故、労災事故や保険金問題の対応です。特に、交通事故分野は、これまで、300件以上の交通事故損害賠償請求事件を取り扱ってきました(高次脳機能障害、RSD、低髄液圧症候群などの困難事例の実績も多数あります)。

また、損害保険会社側からの委任によって、保険金不正請求訴訟を担当し、20件以上の請求棄却判決を獲得しています。

過去には、平成20年から平成25年まで第二東京弁護士会の民事介入暴力被害者救済センター運営委員会(民暴委員会)に所属していました。暴力団等の反社会的組織との交渉やクレーマー対応も多数の実績があります。

その他、離婚問題(慰謝料請求、財産分与請求や養育費請求を含む)、労使問題(解雇、パワハラ問題や残業代請求を含む)、債権回収や債務整理(自己破産)など、様々な事件に対応してきました。

法テラス案件も対応可能です(応相談)。


プライバシーポリシー

当事務所は、個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、以下の本プライバシーポリシーに基づき、個人情報の保護に努めるものとします。

 

●個人情報の取得

当事務所は、適正な手段によって、個人情報を取得いたします。

●個人情報の利用目的

当事務所は、取得した個人情報を以下の目的に利用するものとし、法令の定めによる場合を除いては、ご本人の同意がない限り、その他の目的には使用いたしません。

(1)弁護士業務の遂行のため
(2)当事務所の弁護士または事務職員の採用活動のため
(3)研究会、講演、その他の催し物等のご案内のため
(4)当事務所及び当事務所に所属する弁護士の挨拶状や年賀状等のご送付のため
(5)その他法律事務所の業務の適切かつ円滑な遂行のため

 

●個人情報の第三者提供について

当事務所は、個人情報保護法その他の法令で規定されている場合等正当な理由がある場合を除きましては、個人情報を、事前にご本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

●個人情報の管理について

当事務所は、個人情報の漏洩、滅失または毀損を防止するため、適切な法的措置、組織上の措置及び技術的措置を講じるものとします。 また、当事務所は、個人情報の安全な管理が図られるよう、弁護士及び事務職員に対して必要かつ適切な監督を行うとともに、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合には、委託先に対して必要かつ適切な監督を行うものとします。

●個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について

当事務所は、当事務所が保有する個人情報について、ご本人から、開示・訂正・利用停止・消去等のご請求があった場合には、ご請求者がご本人又はその代理人であることを確認した上で、個人情報保護法その他の法令に従って、速やかに対応いたします。

●本プライバシーポリシーの変更

当事務所は、必要に応じて、本プライバシーポリシーを変更することがあります。



●個人情報のお取り扱いに関するお問い合わせ

当事務所の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

〒060-0001 
札幌市中央区北1条西8丁目2番地7 
ホサカビル3階
札幌ことぶき法律事務所
TEL:011-596-9551 /
FAX:011-596-9552

e-mail:info@kotobuki-law.jp

以上


社名 ページの先頭へ